So-net無料ブログ作成

恐ろしい日々の幕開け【動画ブログ】

こんにちは!

まったくもって無茶苦茶な日々を過ごしていたこの2週間。
撮った動画といえば、246の車の流れのみ…。
この時間でも、働いている人はいっぱいいるのね、と思って撮った1ショットです。


中ノ森BAND仕事が一瞬落ち着いて、
もともとお引き受けしているアーティストさんのジャケ写のお仕事の打ち合わせに、
市ヶ谷のソニーさんに行った時のこと。

いつもお仕事をご一緒させていただいている、別のアートディレクターさんから、
「ちょっと待ってて!氣志團仕事で、急遽スタイリスト探してるから、紹介したい」と言われた。
もともと、氣志團好きの私としては、マ、マジっすか~!!!
というワクワクした気持ちで、その担当の方を待つ。
これが、恐ろしい日々の始まりだったとは、このときは微塵も思わずに。


担当者さまのご登場です。
「い、いま、とんでもない状況になっていて!まず話を聞いてください!」
名刺交換をした後すぐに、どどどどどーーーーっと話を聞いた。
どうやらツアーパンフレットのお仕事らしい。
すごい量だ。氣志團メンバーのみならず、エキストラの多いこと多いこと!
それも、ムービーか、ドラマか、っていうくらいのバリエーションの広さ。
なのに、時間が無い!まったく!

私でできるのか?いや無理。っつーか、スケジュール空いてないし。
あ、撮影の日だけは、偶然にも空いてる。初日を除いては…。
「私の判断だけではなんともお答えできないので…。マネージャーに確認を…」
生意気にも、石田にはマネージャーが付いています。
私一人の力では、到底やっつけられない大仕事。
事務所の他のメンバーの手をかりなければ、絶対に無理。
それだけで出来るのかも心配。

マネージャーと連絡がついた時、もう引き受けてくれますよねっ!
という雰囲気になっていた。このことは、後でマネージャーにも注意された。
「いっしー(石田)の、その人の良さそうな感じで聞いちゃう姿勢は、
相手には絶対引き受けてくれる、って思わせちゃうよ~」
たしかに…。

こうして、マネージャー自身もスタイリストとして参加、私だけじゃなく、
うちの事務所(オレンジという)のスタッフみんなでお引き受けする形となったのです。
ごめん、みんな~。
みんなそれぞれに仕事が入っているので、分担作業でなんとかなるか?
仕切りはうちの敏腕マネージャーが。
もともとスタイリストを10年やっているので、私なんかより、仕事は全然できる人。
この人がいなかったら、私はたった3年で、ここまでになっていません。
本当に心から感謝している。

本来の打ち合わせが20分。氣志團の打ち合わせに2時間強(笑)。
明日、マネージャーを含め、もう一度アートディレクターさんとの
打ち合わせの約束をして帰宅。バッグには膨大な資料が…。
心臓がバクバクしていた。ゴメンナサイ、ミナサン。

そのときに渋谷で撮った画がこれです。恐ろしい日々の始まりでした…。


 


2005-11-08 16:22  nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。