So-net無料ブログ作成

上野のオヤジのちょっといい話

氣志團仕事が始まって、まず私の仕事は、セーラー服、学生カバンなどの学生さん衣装の発注、氣志團メンバーさんが着用する、先生たちのキャラクターの衣装、他…。

事務所内だけでは人員的にも収まらず、友達のスタイリスト、氣志團好きのスタイリストなどなど…。思いつく人に声を掛けて、どうかお仲間に加わってください!とばかりに協力を委ねる。

今、改めて言います。オレンジ内、マネージャー兼スタイリストの冨田さん、スタイリストの野口さん、そして急遽仲間に入ってくれた安竹ちゃん、現場仕切りを担当してくれた嶋崎さん、空いている日にサポートで入ってくれた中野さん、そして衣装制作をしてくれた皆々様…。助けてくれたアキちゃん、物集め、現場、アシストしてくれた高田さん。本当にありがとうございました!!!
皆様のお力無くして、この仕事はあり得ませんでした。
心からお礼申し上げます。

さてさて。タイトルにもある上野のオヤジの話ですが…。
私が、オヤジ系衣装、他を探しに、上野、御徒町に出かけた日の事。
その日も、予定通り昼間から上野に…という私の中でのスケジュールが崩れに崩れ
て、上野に到着したのは午後4時過ぎくらいでした。

「あれがNGになった」「これがまだ見つかってない」「そっちよりもこっちの衣装が優先」などなど。深夜、またはその日の昼間、撮影と同時進行で動いているため、予定以外の探し物を抱えながら、自分の担当する衣装を探す、という、これまでやったことの無いスケジュールで動いていたのです。

やっとオヤジ系及びチンピラ系を探せる。
上野の商店街、アーケード、隈無く探す。いい感じの紳士服屋発見!でもちょっと高いかな。あー、近いけど、ちょっとキレい目だな。なんて具合に、見ちゃ保留、見ちゃ保留を繰り返す。
段々と暗くなってきて、少々焦る。アメ横は、だいたいが7時くらいに閉店するご様子。最後の3〜40分は、時間との戦いで、当たりをつけた店に猛ダッシュ!!
なんとか今日目を付けたものはゲットできました。
疲れ果てて、上野駅に向かう途中。アメ横商店街の先端?末端?どっち?
そこの甘栗売りのオヤジが。「サー、甘栗あるよー」とダミ声を張り上げている。
3歩進んで2歩下がる。
「甘栗ください」へとへとの声で近寄る私。甘栗、好きなんです(笑)。
「1000円、2000円、どっち?」
「1000円の方で」
一人だし、そんな食わないっしょ。普通。
「1000円ね。はーい、はいはい」と言いながら、オヤジは甘栗の袋を1、2、3、4つもビニール袋に押し込む(笑)!
「ひとつでいいよ!」
「え?1000円でしょ。2000円だったら倍あげられるんだけど。いいからいいから、持っていきな!」
っつって、最後の客相手に、大サービスしてくれました。

もしかしたら、いつもの事なのかも?
でも、この時に私には、この仕事、どうにか乗り越えられそうだ!と思えた出来事でした。
事務所に帰って…。
集めて来たものを広げる前に、「甘栗…。たくさんあるの〜」と言って、まずは甘栗の話をする。みんな「えーーー、っていうか、今丁度4人いるし〜!!」(笑)
疲れた体に、笑いは必要。
わいわい言いながら、その後夜中まで続く作業を続行したのでした。


2005-11-10 11:16  nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。